XLIFで椎間板にアプローチ|体に負担のない最新の手術

ベッド

心理的なことでも発症

原因がつかみづらい

腰をおさえる男性

腰痛症はぎっくり腰に代表される急性のものと、筋力の低下や肥満、姿勢の悪さからくる慢性の腰痛症に分かれます。急性の腰痛は通常の治療で治癒していきますが慢性の腰痛は原因が特定しにくく、ストレスなどの心理的な要因が複雑に絡みこんでくるために治療に長い時間がかかってしまうこともあります。行徳でも腰痛で長い間病院に通っている人がいます。飽食の時代の現代、肥満に悩んでいる人も多く社会の情勢がストレスをため込んでしまう社会になっているため、心理的な要因で腰痛になっている人が多くなってきていて痛みが続く時間も長くなってきています。行徳でも原因がはっきりとわからない腰痛が増えてきていて、ストレスの原因はなんなのかを調べることから始めている人もいます。

中間的な痛み

慢性の腰痛症の場合は原因がはっきりとはわかりませんから、日常の生活の改善や体操を中心にして治療が行われています。生活を改善していくことで腰痛はかなり改善していきます。行徳でも生活を改善して腰の痛みが治ってしまったという人がいます。慢性の腰痛症には長期で取り組んでいかなければならないことから、整形外科医の診断を受けて生活の注意や治療の計画を立てる必要が出てきます。また急性の痛みと慢性の痛みの中間的な痛みもあります。だんだんと痛みが強くなってくる場合です。高齢者ならば骨粗鬆症や変形性脊椎症、若い人ならば椎間板ヘルニアなどや脊椎カリエスもありますので、だんだんと強くなってくる痛みが出た時には早めに行徳で受診するようにしてください。このような痛みを感じて受診したら大きな病気だった人もいます。

Copyright © 2015 XLIFで椎間板にアプローチ|体に負担のない最新の手術 All Rights Reserved.