XLIFで椎間板にアプローチ|体に負担のない最新の手術

医者

心理的なことでも発症

腰をおさえる男性

腰痛には急性のものと慢性のものがあります。急性のものは安静にしていればやがて治癒していきますが、慢性のものはストレスなどの心理的なものが原因になっていることもあり、原因の特定が難しくなっています。行徳でも心理的なものが原因で腰痛になっている人がいます。

Read More..>>

体にかける負担が少ない

XLIF治療法を実施する病院が増えています。多くの患者が、腰痛を改善させていますよ。小さなリスクのみで治療できるので嬉しいですね。

背中側でなく脇腹から施術

眠る女性

XLIFとは、低侵襲側方侵入脊椎固定術の略称です。侵襲とは怪我そのものだけでなく手術や治療などによっても体を傷つけるということを指すので、低侵襲ということは体を傷つけることが少ないということを意味します。患者の体にとってダメージの少ない治療法なので、最近このXLIFに対する関心が医療現場で高まっています。従来の脊椎固定法では脊椎を固定するときに後方つまり背中に穴を開けて手術用の器具を挿入していました。これに対し、XLIFでは側方侵入、つまり脇腹にごく小さな穴を開けてそこに内視鏡を設置し、XLIF専用のモニタリング機器を使って治療を進めていきます。XLIFは手術研修を受けて認定された医師でなければ行うことができないので、そうした信頼性の高い医師のもとで受けることが重要です。体に負担のない最新の手術と言えるでしょう。

傷口は非常に小さい

XLIFによる治療では、ヘルニアなどによって椎間板が傷ついた箇所に自分自身の骨をはめ込んだ人工の器具を入れ、さらに部品を使って固定します。こうすることで、やがては椎骨と椎骨との間が無理なく埋められていくようになります。骨を削ることなく手術ができるのがXLIFの最大の利点です。また手術時の出血も大幅に少なくすることができます。従来の後方からの脊椎固定法の手術では約3000CCもの血液が流出することがありましたが、XLIFによる手術では約150CC以下に抑えることができるといわれています。さらに従来の脊椎固定法の場合、傷口はひとつで済みますがその大きさ自体は20センチ前後に及ぶ大きな傷となっていました。XLIFでは傷口の数こそ多いものの、ひとつひとつの大きさは1.5センチから3センチ程度のごく小さなもので済みます。

初めて選ぶなら

女性

口コミというのは、初めての病院へかかるときには、とても参考になります。ですが、患者さんだけの視点から見た口コミだけですと、本当の医者の腕が隠れてしまうときがあります。口コミは参考程度にして、鵜呑みにせずに、自分に最適な病院を探してください。

Read More..>>

心の病気に対応

診断

横浜クリニックと言われる施設があります。こちらは、パニック症候群などの精神的なトラブルを解決してくれるところです。また、プライバシーを重視しているので、完全個室というサービスも行なっています。

Read More..>>

Copyright © 2015 XLIFで椎間板にアプローチ|体に負担のない最新の手術 All Rights Reserved.